油汚れを洗剤を使わずに落とす裏技

油汚れを洗剤を使わずに落とす裏技

レンジフードや換気扇の油汚れって、洗ってもなかなか落ちませんよね。

換気扇などの油汚れをキレイにする一番いい掃除方法は、毎日換気扇を水拭きやお湯拭きすることです。
油汚れは、その日のうちならこの方法で簡単に落とせることができます。


でも、水拭きとはいえ、毎日換気扇をそうじするのって大変ですよね。
かといって、ほったらかしにしておくと、ベタベタ、ギトギトの汚れがこびり付いて、洗剤を使ってもなかなか取り除けないぐらい汚くなってしまいます。


ここでは、ベトベト汚れの初期段階なら、洗剤なしでも換気扇の油汚れをキレイに落とせる裏技を紹介します。


一つ目の裏技は、以前に「伊東家の食卓」でも紹介されていた方法で、ドライヤーを使う方法です。
換気扇にドライヤーの温風(強)を30秒ほどあててから、乾いた雑巾で拭くだけです。
これだけで、換気扇の油汚れが楽に簡単に落とせます。


ドライヤーまで使うなんて面倒くさい、それなら洗剤で落とす方が手っ取り早い、という方は次の裏技を試してください。


使い古しのタオルやTシャツを切って作ったボロ布に、食用油をつけて拭いてみてください。
汚れが油になじんで驚くほどキレイに取れますよ。後は乾いた布で余分な油を拭きとるだけです。
油汚れを落とすのに油を使うって意外かもしれませんが、ぜひ試してみてください。

ただし、ベトベトの油汚れが固まってしまったような場合は、洗剤を使わずにキレイに掃除することは難しくなります。
そうした油汚れを、洗剤を使ってキレイにそうじする裏技も次回紹介しますね。

Sponsored Link
Sponsored Link

プロフィール

はじめまして!当サイト管理人のりなママといいます。

ぐうたらパパ、2人のやんちゃボウズ、人なつっこすぎて番犬にならない雑種犬のバウに振り回されながら、なんとか仕事も続けているアラウンドサーティです。(年齢的にはアラフォーのはずだという声は無視します)
そんな私が苦手なのがお掃除。
だって、けっこう体力も使うし、思ったようにキレイにならないこともあるので、へんなストレスを感じたりするんですよね。
で、お掃除代行サービスをうまく利用することができないかなぁ、って考えてこのサイトを作りました。
みなさんの参考になればうれしいです。

Powerd by似顔絵イラストメーカー

年末の大掃除は、我が家を徹底的にきれいにするには絶好の機会です。
そんなに頻繁に掃除しない、お風呂や排水口などの水回り、換気扇や網戸の掃除、床のワックスがけなど、とことんきれいにしたいと思いますよね。

最近では、自分の時間を有効に使いたいと考える共働き夫婦が増えたため、掃除代行サービスの利用が増えてきているようです。

お掃除代行サービスの需要が増す年末は、各社とも予約で混み合うようですが、年明けなどに時期をずらせば割安プランを設定しているところもあります。
年末の大掃除では自分でできるところをするようにし、面倒な箇所の掃除は年明けに掃除代行サービスにお願いすれば、より効率的に我が家のクリーンアップができるのではないでしょうか。

お掃除代行・口コミ比較ガイド