窓ガラス掃除の裏技

窓ガラス掃除の裏技

窓ガラスの掃除の裏技と言えば、「新聞紙」を使って窓ガラスを拭く方法が定番です。

昔から知られているそうじ方法ですしので、ご存知だった方も多いと思います。


でも、新聞紙で窓ふきをするとキレイに掃除できるのは知っているけど、どうやって新聞紙を使ったらいいの?、という方がいらっしゃるといけないので、改めて紹介しますね。

まず、新聞紙は丸めて使いますが、固く丸めるのではなく、一面を両手に入るぐらいの大きさにクシャクシャに丸めます。
この丸めた新聞紙は、水に濡らしたもの乾いたものを使うので、あらかじめいくつか用意しておきます。

丸めた新聞を水に浸けますが、たっぷり水を含ませるのではなく、湿らす程度にしてください。
その湿らした新聞紙でガラスを拭き、乾かないうちに別の丸めた濡らしていない新聞紙で拭きます。
湿らせた新聞紙で、一度に何か所もの窓ガラスを拭かず、1か所ずつ、乾かないうちに拭くのがポイントです。


定番の掃除裏技だけあって、乾いた新聞紙で拭きあげると、驚くほどきれいになりますよ。
手が黒くなりますが、窓ガラスは黒くなりませんので安心してください。

Sponsored Link
Sponsored Link

プロフィール

はじめまして!当サイト管理人のりなママといいます。

ぐうたらパパ、2人のやんちゃボウズ、人なつっこすぎて番犬にならない雑種犬のバウに振り回されながら、なんとか仕事も続けているアラウンドサーティです。(年齢的にはアラフォーのはずだという声は無視します)
そんな私が苦手なのがお掃除。
だって、けっこう体力も使うし、思ったようにキレイにならないこともあるので、へんなストレスを感じたりするんですよね。
で、お掃除代行サービスをうまく利用することができないかなぁ、って考えてこのサイトを作りました。
みなさんの参考になればうれしいです。

Powerd by似顔絵イラストメーカー

年末の大掃除は、我が家を徹底的にきれいにするには絶好の機会です。
そんなに頻繁に掃除しない、お風呂や排水口などの水回り、換気扇や網戸の掃除、床のワックスがけなど、とことんきれいにしたいと思いますよね。

最近では、自分の時間を有効に使いたいと考える共働き夫婦が増えたため、掃除代行サービスの利用が増えてきているようです。

お掃除代行サービスの需要が増す年末は、各社とも予約で混み合うようですが、年明けなどに時期をずらせば割安プランを設定しているところもあります。
年末の大掃除では自分でできるところをするようにし、面倒な箇所の掃除は年明けに掃除代行サービスにお願いすれば、より効率的に我が家のクリーンアップができるのではないでしょうか。

お掃除代行・口コミ比較ガイド