キッチンシンクの掃除の裏技

キッチンシンクの掃除の裏技

ステンレスのシンクは、使っていると白く水アカがついて、くすんできてしまいます。
これは、無味無臭で何も含まれていないと思われる水道水には、実はいろんな成分が含まれていて、その中のシリカ成分やカルキ成分などが乾いて付着するのが原因です。


そんなときの掃除の裏技をひとつ紹介します。

キッチンシンクのこうした汚れを予防するには、当たり前のことですが、こまめなそうじが大切です。
できれば、シンクを使い終わったときは、乾いたふきんなどで水分を拭き取っておくとなおいいと思います。


さて、それでもキッチンシンクが白くくすんでしまった場合の掃除の裏技ですが、お酢を使ってみましょう。
やわらかい布にお酢を染み込ませて、キッチンシンクを拭いてみてください。

酸性のお酢には、水垢のカルキ成分を溶かす効果がありますので、くすみを取り除くことができます。
(全てのくすみがキレイに落ちるわけではありません。)


この方法や、家庭用洗剤でも白いくすみが落ちない場合は、クリームクレンザーで磨くとピカピカになります。

このとき、汚れを擦り落とそうとして、金属やナイロン製のたわしは絶対に使わないようにしましょう。
ステンレスのシンクの表面が傷だらけになってしまいます。
柔らかい布、例えば使い古したストッキングやTシャツなどがオススメです。

Sponsored Link
Sponsored Link

プロフィール

はじめまして!当サイト管理人のりなママといいます。

ぐうたらパパ、2人のやんちゃボウズ、人なつっこすぎて番犬にならない雑種犬のバウに振り回されながら、なんとか仕事も続けているアラウンドサーティです。(年齢的にはアラフォーのはずだという声は無視します)
そんな私が苦手なのがお掃除。
だって、けっこう体力も使うし、思ったようにキレイにならないこともあるので、へんなストレスを感じたりするんですよね。
で、お掃除代行サービスをうまく利用することができないかなぁ、って考えてこのサイトを作りました。
みなさんの参考になればうれしいです。

Powerd by似顔絵イラストメーカー

年末の大掃除は、我が家を徹底的にきれいにするには絶好の機会です。
そんなに頻繁に掃除しない、お風呂や排水口などの水回り、換気扇や網戸の掃除、床のワックスがけなど、とことんきれいにしたいと思いますよね。

最近では、自分の時間を有効に使いたいと考える共働き夫婦が増えたため、掃除代行サービスの利用が増えてきているようです。

お掃除代行サービスの需要が増す年末は、各社とも予約で混み合うようですが、年明けなどに時期をずらせば割安プランを設定しているところもあります。
年末の大掃除では自分でできるところをするようにし、面倒な箇所の掃除は年明けに掃除代行サービスにお願いすれば、より効率的に我が家のクリーンアップができるのではないでしょうか。

お掃除代行・口コミ比較ガイド