カーペットの掃除の裏技

カーペットの掃除の裏技

最近では、ハウスダストやダニによるアレルギーが心配で、フローリング床にする方が多いようですが、マンションなどではカーペットを敷かれている方もいらっしゃると思います。
カーペットなら、床に物を落としたり、多少ドタドタ歩いても、階下に響く音を和らげることができます。


でも、カーペットの掃除って大変なんですよね。
掃除機をかけても、カーペットの毛の間に入り込んだホコリや食べかす、髪の毛はなかなかとれません。
一生懸命にカーペットに掃除機をかけていると軽く汗をかくほどです。

うちは、カーペットを敷いていないのですが、こんなカーペットの掃除の裏技を見つけたので、紹介しますね。


使う道具は「ゴム手袋」です。
カーペットやじゅうたんに入り込んだホコリや髪の毛などの小さなゴミをそうじするには、ゴム手袋を使うと簡単なようですよ。


乾いたゴム手袋をはめて、カーペットやじゅうたんをこすると、絡み付いて取り難い髪の毛やペットの毛、小さいゴミがひとかたまりになって集まってくるのだそうです。
あとは、それをつかんでゴミ箱へ捨てるだけ!
カーペットの遊び毛も、繊維も痛めることなく一緒に取れて一石二鳥。

私も、今度、実家に敷いているじゅうたんのそうじで試してみたいと思います。


<この裏技は、「暮し・生活インフォメーション」さんの記事を参考にさせてもらいました。>
Sponsored Link
Sponsored Link

プロフィール

はじめまして!当サイト管理人のりなママといいます。

ぐうたらパパ、2人のやんちゃボウズ、人なつっこすぎて番犬にならない雑種犬のバウに振り回されながら、なんとか仕事も続けているアラウンドサーティです。(年齢的にはアラフォーのはずだという声は無視します)
そんな私が苦手なのがお掃除。
だって、けっこう体力も使うし、思ったようにキレイにならないこともあるので、へんなストレスを感じたりするんですよね。
で、お掃除代行サービスをうまく利用することができないかなぁ、って考えてこのサイトを作りました。
みなさんの参考になればうれしいです。

Powerd by似顔絵イラストメーカー

年末の大掃除は、我が家を徹底的にきれいにするには絶好の機会です。
そんなに頻繁に掃除しない、お風呂や排水口などの水回り、換気扇や網戸の掃除、床のワックスがけなど、とことんきれいにしたいと思いますよね。

最近では、自分の時間を有効に使いたいと考える共働き夫婦が増えたため、掃除代行サービスの利用が増えてきているようです。

お掃除代行サービスの需要が増す年末は、各社とも予約で混み合うようですが、年明けなどに時期をずらせば割安プランを設定しているところもあります。
年末の大掃除では自分でできるところをするようにし、面倒な箇所の掃除は年明けに掃除代行サービスにお願いすれば、より効率的に我が家のクリーンアップができるのではないでしょうか。

お掃除代行・口コミ比較ガイド