掃除に使う洗剤の選び方

掃除に使う洗剤の選び方

掃除をするときに欠かせないのが洗剤です。
ホームセンターの掃除用品コーナーに行くと、たくさんの種類の洗剤が所狭しと置かれています。
ひとくちに掃除用洗剤といっても、掃除する場所や目的、用途などによって最も適している洗剤を選ぶ必要があります。


せっかく買ってきた洗剤が、油汚れには不向きだったり、掃除しようとする場所の素材を傷めてしまうようなものだと、がっかりですからね。


掃除用の洗剤のパッケージには、「キッチン用」とか「油汚れ用」、「お風呂用」、「ガラス用」など、きっちり表示されているのが普通ですので、間違えることはほとんどないと思います。


注意してほしいのは、同じキッチン用でも、素材によっては向き、不向きの洗剤があることです。
例えば、キッチンやレンジフードの油汚れ用の洗剤には、弱アルカリ性の洗剤が多いと思います。
しかし、最近のキッチンまわりの素材には、油汚れを取りやすくするためにフッ素コートされているものが多く出回っていて、そういう部分はアルカリ性洗剤ではげたり変色したりする場合があるんです。

掃除しようとする部分がフッ素コートされているかどうかは、洗剤側の説明書きでは絶対にわからないですよね。
洗剤を選ぶときは、掃除しようとする素材側の説明書きもできるだけ読むことをオススメします。

Sponsored Link
Sponsored Link

プロフィール

はじめまして!当サイト管理人のりなママといいます。

ぐうたらパパ、2人のやんちゃボウズ、人なつっこすぎて番犬にならない雑種犬のバウに振り回されながら、なんとか仕事も続けているアラウンドサーティです。(年齢的にはアラフォーのはずだという声は無視します)
そんな私が苦手なのがお掃除。
だって、けっこう体力も使うし、思ったようにキレイにならないこともあるので、へんなストレスを感じたりするんですよね。
で、お掃除代行サービスをうまく利用することができないかなぁ、って考えてこのサイトを作りました。
みなさんの参考になればうれしいです。

Powerd by似顔絵イラストメーカー

年末の大掃除は、我が家を徹底的にきれいにするには絶好の機会です。
そんなに頻繁に掃除しない、お風呂や排水口などの水回り、換気扇や網戸の掃除、床のワックスがけなど、とことんきれいにしたいと思いますよね。

最近では、自分の時間を有効に使いたいと考える共働き夫婦が増えたため、掃除代行サービスの利用が増えてきているようです。

お掃除代行サービスの需要が増す年末は、各社とも予約で混み合うようですが、年明けなどに時期をずらせば割安プランを設定しているところもあります。
年末の大掃除では自分でできるところをするようにし、面倒な箇所の掃除は年明けに掃除代行サービスにお願いすれば、より効率的に我が家のクリーンアップができるのではないでしょうか。

お掃除代行・口コミ比較ガイド