ガスレンジのそうじのコツ

ガスレンジのそうじのコツ

ガスレンジの掃除のコツは、なんといっても早め早めの掃除です。

ガスレンジの汚れは、煮物などの噴きこぼれや油汚れ、焼けこげなどがほとんどです。
これらの汚れは、放っておくとこびりついて、時間が経つほど取れにくくなってしまいます。

しかし、ついてすぐなら、こうした汚れは簡単に落とすことができますので、夕食の後かたづけが終わった後などに早いめのそうじをオススメします。

最近のキッチンまわりはフッ素加工された製品が多いので、湿らせたふきんで拭けば楽に汚れを落とすことができます。
汚れが落ちにくい時は、キッチン用洗剤を使えば比較的簡単にそうじできますが、フッ素加工された製品はアルカリ性洗剤に弱いので、できれば中性洗剤などを使うとよいでしょう。


さて、ガスレンジは毎日こまめにそうじすれば、それほど汚れませんが、1〜2週間に1回ぐらいは、もうちょっときっちり掃除することおすすめします。

まず、五徳、受け皿、グリル、網などを取り外し、キッチンシンクの中で、台所用洗剤をつけたスポンジできれいにします。
レンジの表面は、薄めた洗剤に浸けて固く絞ったふきんで拭いた後、水で洗い固く絞ったふきんで拭き上げます。
洗剤で洗った五徳や受け皿などを水で洗い、こちらも固く絞ったふきんでしっかりと水分を取り、元に戻します。


洗剤を使う際にはゴム手袋をはめることを忘れないように

Sponsored Link
Sponsored Link

プロフィール

はじめまして!当サイト管理人のりなママといいます。

ぐうたらパパ、2人のやんちゃボウズ、人なつっこすぎて番犬にならない雑種犬のバウに振り回されながら、なんとか仕事も続けているアラウンドサーティです。(年齢的にはアラフォーのはずだという声は無視します)
そんな私が苦手なのがお掃除。
だって、けっこう体力も使うし、思ったようにキレイにならないこともあるので、へんなストレスを感じたりするんですよね。
で、お掃除代行サービスをうまく利用することができないかなぁ、って考えてこのサイトを作りました。
みなさんの参考になればうれしいです。

Powerd by似顔絵イラストメーカー

年末の大掃除は、我が家を徹底的にきれいにするには絶好の機会です。
そんなに頻繁に掃除しない、お風呂や排水口などの水回り、換気扇や網戸の掃除、床のワックスがけなど、とことんきれいにしたいと思いますよね。

最近では、自分の時間を有効に使いたいと考える共働き夫婦が増えたため、掃除代行サービスの利用が増えてきているようです。

お掃除代行サービスの需要が増す年末は、各社とも予約で混み合うようですが、年明けなどに時期をずらせば割安プランを設定しているところもあります。
年末の大掃除では自分でできるところをするようにし、面倒な箇所の掃除は年明けに掃除代行サービスにお願いすれば、より効率的に我が家のクリーンアップができるのではないでしょうか。

お掃除代行・口コミ比較ガイド